メディア
3分Biz.
ニュース
» 2020年08月26日 14時21分 公開

ファミマ、ロボット店員を試験導入 VRでペットボトルを遠隔陳列22年までに最大20店舗で

ファミリーマートが、遠隔操作で店舗の商品を陳列できるロボットを試験的に導入した。店舗のバックヤードで、ペットボトルの陳列を行う。

[ITmedia]

 ファミリーマートとロボットベンチャーのTelexistence(TX)は8月26日、遠隔操作で店舗の商品を陳列できるロボットを試験的に導入したと発表した。店舗のバックヤードで、ペットボトルの陳列を行う。人手不足の軽減だけでなく、人と人との接触も減らし、新型コロナウイルスの感染防止にもつながるとしている。

photo ロボットベンチャーのTelexistenceが開発した「Model-T」

 実験では、TX虎ノ門オフィス(東京都港区)にいる操縦者がVR端末を装着し、ファミリーマートとしまエコミューゼタウン店(豊島区)に設置したロボットを操る。陳列速度と精度の検証を行い、おにぎり、サンドイッチ、弁当など作業の対象商品も随時拡大。2022年までに、最大20店舗への導入を目指す。

photo

 作業内容によっては、遠隔地から一人で複数店舗の作業を行える場合もあるといい、ファミリーマート全店への導入も検討する。

 ローソンも9月に東京ポートシティ竹芝店(港区)で、Telexistenceの遠隔操作ロボットを試験的に導入する予定。おにぎりや弁当、飲料などの品出しを担当するという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -