3分Biz.
ニュース
» 2020年07月14日 11時38分 公開

ウィズコロナ時代の接客にも:モスバーガー、「リモートレジ」を導入 分身ロボットで商品選びをサポート

モスフードサービスは7月下旬から、遠隔で会話ができる“分身ロボット”をレジでの接客に活用する実証実験を始める。身体障害のある人を起用し、客との対話や注文の受け付けを担ってもらう。人手不足解消やコロナ後の“新しい接客”を想定する。

[ITmedia]

 「モスバーガー」を展開するモスフードサービスは7月13日、遠隔で会話ができる“分身ロボット”をレジでの接客に活用する実証実験を実施すると発表した。身体障害のある人を起用し、じっくり商品を選びたい客との対話や注文の受け付けを担ってもらう。東京都品川区のモスバーガー大崎店で、7月27日〜8月下旬の平日に実施する。

モスバーガーが分身ロボットを使ったリモートレジの実証実験を始める(オリィ研究所のプレスリリースより)

 実験では、オリィ研究所(東京都港区)が開発した人型ロボット「OriHime(オリヒメ)」を使用。全長約23センチのオリヒメをレジカウンター上に設置して接客を担ってもらう。“あたたかみのあるコミュニケーション”を図ることから、サービス名は「ゆっくりレジ」とした。

 今回の実験では、大崎店の店頭に平日午後2時〜6時の時間限定でオリヒメを設置。障害があり、外出が困難なスタッフ2人が「パイロット」となり、オリヒメを通じて客と会話しながら注文を受け付ける。オリヒメの横にはパイロットのプロフィールを紹介する掲示も行う。決済は有人レジで行う必要があるが、今後の改良で決済までオリヒメでできるように機能拡張する予定だという。

実証実験の概要(プレスリリースより)

 同社ではこれまでもセルフレジを一部店舗で導入するなど、人手不足への対応を進めてきた。今回の実験では、外出困難な人を含めた多様な人材を活用することで人手不足解消につなげるほか、時代に合った新しいホスピタリティーを構築する狙いもある。

 また、新型コロナウイルスの感染拡大によって、接客の形にも変化が求められている。同社はゆっくりレジを皮切りに、リモート接客のドライブスルー注文への応用、自走式ロボットによる配膳などの実証実験を計画しており、「2020年度内の実験開始を視野に入れていく」という。

モスバーガー大崎店で接客を担う「OriHime」(オリィ研究所のプレスリリースより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -