メディア
日本を変える「テレワーク」
ニュース
» 2020年06月02日 15時58分 公開

自宅にも“仕事部屋”:大和ハウス、テレワークしやすい住宅の提案開始 「集中型」「両立型」の2種類

大和ハウス工業は、テレワークの専用空間を備えた住宅の提案を開始した。在宅勤務を導入した企業が多いことから、快適な仕事空間を備える住宅のニーズ拡大を見込む。「仕事に集中できる空間」と「仕事と家事・育児を両立しやすい空間」の2種類を用意する。

[ITmedia]

 大和ハウス工業は6月1日、テレワークの専用空間を備えた住宅の提案を開始したと発表した。新型コロナウイルスの影響で在宅勤務を導入した企業が多いことから、快適な仕事空間を備える住宅のニーズ拡大を見込む。「仕事に集中できる空間」と「仕事と家事・育児を両立しやすい空間」の2種類を用意する。

大和ハウスが提案するテレワーク空間のある住宅。仕事と家事・育児を両立しやすい「つながりワークピット」

 提案するテレワークスタイルは「快適ワークプレイス」と「つながりワークピット」の2種類。約3畳の納戸空間に設置する。

 同社でテレワークを経験した社員を対象に実施したアンケートによると、「仕事専用の空間が欲しい」「電話の音漏れが気になる」「家族が気を遣わなくてすむ空間が欲しい」「子どもの様子を見ながら仕事ができる空間が欲しい」といった要望があったことから、集中型と両立型の2種類のスタイルを開発したという。

 「快適ワークプレイス」は、防音設備を取り入れたクローズド空間。もともと音楽用に提案してきた自社開発の防音室「奏でる家」の技術を採用し、防音仕様の壁や二重窓のほか、室内の音の響きのバランスを整える独自の音響アイテム「コーナーチューン」を取り入れた。また、コンセント埋め込み型の専用Wi-Fiアクセスポイントも備えている。

「快適ワークプレイス」のプラン例とイメージ

 「つながりワークピット」は、リビングとつなげることで家事・育児の効率も考慮したセミクローズド空間。仕事専用の個室でありながら、室内窓を設けることで、リビングにいる家族の様子も見られる。

「つながりワークピット」のプラン例とイメージ

 両スタイルとも、気分によって調整できる3光色切替LED照明(昼白色・電球色・温白色)や、奥行き60センチのデスクもそろえている。

 提案価格は、新築一戸建て住宅の場合、快適ワークプレイスが71万5000円(税込)から、つながりワークピットが44万円(同)から。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間