3分Biz.
ニュース
» 2020年09月08日 12時59分 公開

「脱レジ袋」を推進:ファミマが8月のレジ袋辞退率を発表 1年間の削減枚数も試算

ファミマのレジ袋辞退率(8月実績)が明らかになった。有料化前の辞退率は30%だったが、どの程度の水準になっているのか。

[ITmedia]

 ファミリーマートは9月8日、8月のレジ袋辞退率が77%だったと発表した。

 買い物袋が有料化される前、ファミマのレジ袋辞退率は30%だった。有料化が実施された7月になると、同社の辞退率は77%まで上昇。ローソンやセブン-イレブンも7月の辞退率は75%程度だった。

“脱・レジ袋”を推進

 日本フランチャイズチェーン協会は、2030年度までにコンビニのレジ袋辞退率を60%以上にする目標を掲げている。ファミマは7月に続き8月も目標を達成しており、このペースでいくとファミマ全体のレジ袋削減枚数は年間約23億枚になる見込みだという。

ファミマのレジ袋対応(出所:リリース)

累計1200万個のエコスタンプ

 ファミマは“脱レジ袋”を促すため、7月からレジ袋を辞退したお客に「ファミマエコスタンプ」を付与している。煙草・チケット・サービス・金券類を除く200円(税込)以上の買い物をした際に、バーコード決済機能付きアプリ「ファミペイ」を提示する必要がある。スタンプ30個で得点クーポンと交換できる。8月末までの累計で、約1200万個のエコスタンプを付与したという。

 競合他社も独自のエコバッグを発売するなどの対応をしている。

ファミマのエコスタンプで交換できる商品の一例(出所:リリース)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -