3分Biz.
ニュース
» 2020年09月24日 14時50分 公開

コロナ対策:LINEでエレベーターを操作 日立、非接触のニーズに対応

日立製作所と日立ビルシステムは、LINEでエレベーターを呼び出しと行き先階を指定できるサービスを開発。国内約1万5000台のエレベーターを対象に、10月16日から受付を開始する。新型コロナウイルス感染拡大で高まる非接触のニーズに応える。

[ITmedia]

 日立製作所と日立ビルシステムは9月24日、LINEの公式アカウントでエレベーターの呼び出しと、行き先階の指定ができるサービスを開発したと発表した。日立ビルシステムと保全契約を結び、遠隔監視を行っている国内約1万5000台のエレベーターが対象で、10月16日から受付を開始する。新型コロナウイルス感染拡大で高まる非接触のニーズに応える。

画面イメージ(出所:プレスリリース)

 サービスを利用するには、エレベーターホールなどに設置されたQRコードを読み取り、LINEの公式アカウントを友達登録する必要がある。アカウントとのメッセージのやり取りでエレベーターの呼び出しと、行き先階の登録ができる。

エレベーターホールのQRコードを読み取る(出所:プレスリリース)

 また同社は、新たに設置するエレベーター向けに、人感センサーを活用した非接触登録装置の開発を進めている。上下ボタンや行き先階ボタンに併設するセンサーに手をかざすだけで、エレベーターを呼び出したり、行き先階を指定したりすることができる。11月の提供開始を予定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -