ニュース
» 2020年10月05日 16時34分 公開

被害総額4940万円:ゆうちょ銀行、不正出金被害の補償完了 約半数は「本人や近親者の利用」として除外

ゆうちょ銀行は10月5日、ドコモ口座をはじめとする外部の即時振り替えサービスを利用した不正出金被害について、被害者への全額補填の手続きを2日に完了したと発表した。補填の対象となったのは210件、総額4940万円。申告された被害の約半数は詳細を調査したところ、本人や家族などの近親者による利用と判断し、対象外となった。

[ITmedia]

 ゆうちょ銀行は10月5日、ドコモ口座をはじめとする外部の即時振り替えサービスを利用した不正出金被害について、被害者への全額補償の手続きを2日に完了したと発表した。

 同行は9月24日に被害件数は383件、被害総額は約6000万円と発表していたが、実際に補償の対象となったのは210件、総額4940万円。対象外となった173件、総額1191万円は詳細を調査したところ、本人や家族などの近親者による利用と判断したという。

photo ゆうちょ銀行公式サイトより

 ゆうちょ銀行では即時振り替えサービスの不正出金被害のほか、同行が発行するデビット・プリペイドカードの「mijica」でも、送金サービスで合計54件、総額332万2000円の被害が起きている(9月24日午後時点)。

 対策として、同行の池田憲人社長が直接指揮する「セキュリティ総点検タスクフォース」を設置し、10月末を期限に、即時振替サービス、ゆうちょPay、mijicaを対象に、セキュリティの確認、利用状況の点検を行っている。

 同行は新たな被害が発覚した場合についても、速やかに全額補償を行うとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -