金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2020年10月07日 11時22分 公開

三井住友銀行が通帳有料化、ネットバンキング未利用者に手数料 2021年4月新規開設口座から

三井住友銀行は10月7日、2021年4月1日以降に新規開設する普通預金口座について、通帳利用やネットバンキングを利用していない口座について有料化すると発表した。通帳については個人法人ともに年額550円(税込)、ネットバンキング不使用の場合、口座維持手数料として年額1100円(税込)を課す。

[斎藤健二,ITmedia]

 三井住友銀行は10月7日、通帳利用に手数料を課すほか、ネットバンキングを利用していない口座について有料化すると発表した。それぞれ2021年4月1日以降に新規開設する普通預金口座が対象。通帳については個人法人ともに年額550円(税込)、ネットバンキング不使用の場合、口座維持手数料として年額1100円(税込)を課す。

 ただし、通帳は18歳未満と75歳以上は引き続き無料。口座維持手数料は、ネットバンキングを使っておらず、2年以上入出金がなく、残高が1万円未満の口座を対象とする。

新たに設定する手数料(三井住友銀行プレスリリースより)

 三井住友銀行は、ネットバンキングサービスなどの機能拡充を進めてきた。個人向けは無料、また法人向けにも「パソコンバンク Web21ライト」という利用料無料のサービスを用意している。ネットで入出金明細を確認できるWeb通帳でも、閲覧可能期間を30年に延長している。

 新たな手数料設定に伴い、キャンペーンも実施する。21年4月1日以降にWebやスマホから新規口座開設した普通預金口座について、22年3月31日まで他行宛も含めて振込手数料を無料とする。また法人向けに外国送金サービスを提供する「Global e-Trade」サービスの月額料金を20年11月引き落とし分から無料とする。

三井住友銀行Webページ

 通帳の有料化は各銀行が検討しており、みずほ銀行は21年1月18日から、通帳の新規・繰越を有料化すると発表している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -