メディア
ニュース
» 2020年10月13日 09時20分 公開

新たな気づき:20〜30代の人脈の作り方と活用方法 (1/3)

これからの時代、ネットワークを構築する重要性はますます高くなっています。 ネットワークの活用法は、年代によっても変わってきます。 今回は、20〜30代で、おすすめの活用の仕方をご紹介します。

[グロービス 経営大学院,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!

 20代は、自身のキャリアの方向性を確立することが重要な時期です。しかし、多くの方は、いったん就職したものの、まだまだ「自分が本当にやりたいことは何だろう」「他にもっと合う仕事があるのではないか」といった悩みを持っていると思います。

 20代は、まだまだキャリアの方向転換が可能な時期です。やりたいことの方向性が明確ではない方は、できるだけ幅広い人たちと出会い、キャリアの選択肢を知っていきしょう。

社内で幅広い職種を知る

 入社後、自分が配属された部署が、自分にとってベストとは限りません。幅広い職種を知るために、できるだけ他部署の先輩と意識的に出会う機会を持ってみてください。全社横断プロジェクトがあれば積極的に手を挙げてみたり、社内の同期から尊敬している先輩を紹介してもらったりと、自分に合った方法を探してみましょう。

社外で他業界や他社について知る

 20代であれば、多くの方が、学生時代に就職活動し内定を得た、1社目の会社で働いている時期でしょう。社会人経験のない学生の企業選びはなかなか難しく、皆さんも苦労されたと思います。

 実際に働いてみて、学生の頃とは違う景色が見えてきたのではないでしょうか? 「他にもっと合う仕事や会社があるのではないか」と迷いが出てきた人もいるかもしれません。

 20代のうちはプライベートの時間も利用して、できるだけ多様な人と出会える場に出向くことをおすすめします。例えば、社会人スポーツサークルや、ビジネススクールなど、自分が楽しみながら参加できそうな場に飛び込んでみてください。

 社外の人とつながりを持ち、コミュニケーションを取ることによって、転職せずとも「疑似体験」のようなものができます。自社以外の業界や会社に関する「生の声」を聞けるからです。

 自分のやりたいことは、自分の価値観との対話によって生まれてきます。そして、それに刺激を与えてくれるのが、自分とは異なる価値観を持った他人なのです。

       1|2|3 次のページへ

Copyright (c) INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -