ニュース
» 2020年10月14日 15時50分 公開

帝国データバンク調査:2020年度上半期の飲食店倒産数392件、過去最多に――酒場、中華料理店など深刻 (1/2)

コロナ禍で飲食店の経営環境が悪化。2020年度上半期は392件で過去最多。このままでは年度でも最多更新する可能性が。

[ITmedia]

 帝国データバンクの調査によると、2020年度上半期の飲食店の倒産は392件となった。年度の上半期としては最多。新型コロナウイルスの感染拡大で、休業要請や時短営業の影響を強く受けた。

photo コロナ禍が直撃した飲食店(写真はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)

年度で倒産過去最多を更新する可能性も

 同社は「このままのペースでは同年度の倒産件数は過去最多を更新する可能性がある」としている。

 調査は帝国データバンクが4〜9月、飲食店事業者における負債1000万円以上の倒産動向について集計・分析したもの。半期としては19年度下半期に次ぐ2番目、上半期としては最多の倒産件数となった。ちなみに飲食店の倒産が最多だった19年度は、通期で784件だった。

photo 年度別に見た飲食店倒産件数の推移(帝国データバンク「飲食店の倒産動向調査(2020年度上半期)」)
photo 年度・半期別に見た飲食店倒産件数の推移(帝国データバンク「飲食店の倒産動向調査(2020年度上半期)」)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -