3分Biz.
ニュース
» 2020年10月26日 12時17分 公開

キャッシュレス決済:ミニストップが「極小コンビニ」を展開 オフィスや工場内で商品を販売

ミニストップが極小CVS(コンビニエンスストア)ユニット「MINISTOP POCKET(ミニストップ・ポケット)」のサービスを開始する。オフィスや配送センターなどに設置する予定。

[ITmedia]

 ミニストップは10月26日、職場内などに設置可能な極小CVS(コンビニエンスストア)ユニット「MINISTOP POCKET(ミニストップ・ポケット)」のサービスを開始すると発表した。1坪から設置可能で、マイクロマーケットの攻略を目指す。

展開イメージ(出所:リリース)

 商品と一緒に専用のセルフレジを設置し、24時間利用できるようにする。現金を使用しないキャッシュレス決済で、交通系電子マネーやスマホ決済などに対応する。

 設置場所としては、オフィス、工場、配送センター、病院、コールセンターといった職域(職場)内を想定している。品ぞろえとしては、イオンやミニストップのプライベートブランド商品や、ナショナルブランド商品を、立地・商圏に合わせて提案する。

決済方法(出所:リリース)
決済可能なサービス(出所:リリース)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -