3分Biz.
ニュース
» 2020年10月28日 11時10分 公開

迅速で快適、3密も回避:電動キックボードで公道走行 三菱地所ら、丸の内で実証実験

Luupと、大手町・丸の内・有楽町 地区まちづくり協議会、三菱地所などは10月27日に、千代田区の一部エリアを中心に電動キックボードの公道走行の実証実験を開始。電動キックボードは原動機付き自転車に該当するが、国の新事業特例制度を利用し、車道のほか自転車レーンでの走行も可能となった。

[ITmedia]

 電動キックボード事業などを展開するLuup(東京都渋谷区)と、大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会、三菱地所などは、千代田区の一部エリアを中心に電動キックボードで公道を走行する実証実験を10月27日から開始した。

電動キックボードの公道走行(出所:プレスリリース)

 大手町、丸の内、有楽町地区内に専用モビリティポートを複数設置。実験参加者にナンバープレートの付いた電動キックボードを貸し出して公道を走行してもらい、安全性や利便性、社会受容性などを確かめる。

 電動キックボードは、米国や欧州では導入・普及が進んでいる一方、日本では原動機付き自転車に該当するため、公道で安全かつ手軽に利用することが難しい状況。今回の実証実験では、国の新事業特例制度を利用し、車道だけではなく自転車レーンでの走行も可能となった。

エリア内にポートを設置し実験を行う(出所:プレスリリース)

 走行には原動機付き自転車と同様に、運転免許証の携帯やヘルメットの着用が必要となる。期間は10月27日〜2021年3月中旬まで。東京都千代田区の大手町・丸の内・有楽町エリア、神田・御茶ノ水・神保町エリアで行う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -