ニュース
» 2020年11月10日 10時50分 公開

消費者調査:「テレビよりYouTube」派はどの年齢層?――若年層人気は東海オンエア (1/2)

「テレビよりYouTube」派はどの年齢層か。30代前半までの消費者に調査。19〜22歳男性が特にYouTube派と判明。

[ITmedia]

 YouTubeなどの動画視聴の浸透と共に、テレビ離れが叫ばれて久しい。リサーチ会社のクロス・マーケティング(東京・新宿)が30代前半までの消費者に調査したところ、YouTubeの視聴時間が特に長い傾向の見られた層は、大学生くらいに当たる19〜22歳男性だった。この年齢層はテレビの視聴時間も他に比べて特に短く、若年層の中でも特に「テレビからYouTube」への移行が進んでいるとみられる。

photo テレビ離れしたYouTube派はどの世代?(写真はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)

30代はテレビ視聴長く

 調査は同社が10月6日〜8日、全国の13歳〜34歳の男女1000人に実施した。LINEリサーチのプラットフォームを利用している。

 まず、1日当たりのテレビとYouTubeの視聴時間について、13歳〜34歳の年齢層をさらに細かく分けて男女別に分析した。YouTubeの視聴が「3時間以上」と答えた割合が最も高かったのは19歳〜22歳男性で33%に上った。この層はテレビ視聴について「見ない/30分未満」と答えた比率も37%と、やはり全体の中で最も高かった。

photo テレビ・YouTubeの1日当たり視聴時間(クロス・マーケティング「YouTubeの利用実態に関する調査」)

 女性でもおおむね近い傾向が見られた。YouTube視聴3時間以上の比率が最も高かったのは16歳〜18歳と19歳〜22歳でともに25%。また、男女ともに30歳を超えるとYouTube視聴時間が下がり、テレビ視聴が高まる傾向もみられた。

 さらに「YouTubeに影響されて買った・課金した物」についても聞いた(複数回答可)ところ、男性は30代を除きほぼ全年齢で「ゲーム」がトップとなった。一方で女性は「化粧品・美容品」が首位に。

photo 最近1カ月、YouTubeに影響されて買った・課金した物(複数回答可、クロス・マーケティング「YouTubeの利用実態に関する調査」)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -