3分Biz.
ニュース
» 2020年11月26日 16時10分 公開

社会貢献:トヨタが「しょうどく大使」を発売 クルマづくりのノウハウで初号機を大幅に軽量化

トヨタ自動車が足踏み式消毒スタンド「しょうどく大使」(税別8000円)を発売する。社会貢献の一環。

[ITmedia]

 トヨタ自動車は11月25日、足踏み式消毒スタンド「しょうどく大使」(税別8000円)を、12月1日に国内のトヨタ車両販売店・トヨタレンタリース店で発売すると発表した。

 しょうどく大使は、幅が330ミリ、奥行きが430ミリ、高さが1169ミリとなっている。マットを含めた重さは約3.2キロ。

しょうどく大使(出所:リリース)

 同商品が誕生したのは、コロナ禍で生産ラインの稼働が停止した際、各工場の従業員が「自分たちには何ができるのか」「仲間から感染者を出さない」と考えたことがきっかけだという。試作品を医療機関に持ち込み、専門家の意見なども踏まえて改良を重ねた。初号機の重さは約6キロだったが、クルマづくりで培ってきたノウハウを生かし、軽量化に成功したという。しょうどく大使は月2000〜2500個生産する予定。

 トヨタは社会貢献活動の一環として、新型コロナウイルス感染症の感染者移送用車両を提供したり、医療現場で使うフェイスシールドの生産に取り組んだりしている。

「JPN TAXI」をベースに感染者移送用車両を開発(出所:リリース)
フェイスシールド(出所:リリース)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -