ニュース
» 2020年11月27日 05時00分 公開

「近づけない、集めない」 時代を生き抜く、企業の知恵:イオンの「ブラックフライデーセール」 “密”を避けるために何をしているのか (1/3)

イオンがブラックフライデーセールを11月20日〜29日に開催。開催期間を例年の倍にするなど、意識的に密にならない工夫をしている。

[ITmedia]

「近づけない、集めない」 時代を生き抜く、企業の知恵:

 「人が集まる」「人に直接会う」ことで稼いできた企業が、新型コロナを契機に自社戦略の見直しを迫られている。どのようにして「脱・3密」や「非接触」を実現し、ビジネスチャンスを生み出そうとしているのか。

 記事一覧はこちらから。


 イオンリテールは11月20日から、本州・四国の「イオン」「イオンスタイル」約400店舗で「ブラックフライデーセール」を開催している。

 例年と違い、コロナ下でのセールとなるため、さまざまな感染予防対策に取り組んでいる。具体的にどのようなことをしているのだろうか。11月19日にフライングセールを行った「イオンスタイル品川シーサイド」(東京・品川)の取り組みを取材した。

密を避ける工夫とは

開催期間を倍に

 2020年のブラックフライデーセールの大きな特徴は、実施期間を1年前の2倍となる10日間としたことだ。来店客をなるべく分散させるのが目的だ。

 また、混雑した店舗に足を運びたくないお客のために、11月6日から「ご予約販売会」と「ECセール」を実施した。

 ご予約販売会では、自宅で過ごす時間を充実させるためのアイテムや、ギフト用品をそろえた。品目数も1年前から増やしており、展開を強化している。取り扱う商品は、「シンガーコンピュータミシンSN779 PK」(税別2万4800円、以下同)や「しゃべる地球儀(国旗付き)」(1万円)など。

 ECセールは、EC限定で予約できる「オンラインショップ限定 ご予約販売会」と、11月6日から購入できる「イオンスタイルオンライン 限定セール」の2本立て。ベビーカーとチャイルドシートのセット商品や、食器のセット商品を取り扱った。広報担当者によると、これらのセールはとても好調だったという。買い物をECで済ます人が増えたといったことも背景にあるようだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -