連載
» 2020年11月30日 05時00分 公開

飲食店を科学する:家系ラーメンの「町田商店」が超えた「多店舗展開10億円の壁」 カギはシステムパワー経営にあり (1/5)

家系ラーメンの町田商店が急成長している。直営店が117店舗、プロデュース店が396店舗。「多店舗展開10億円の壁」をどう突破したのか。

[三ツ井創太郎,ITmedia]

 皆さんこんにちは、飲食店コンサルティング「スリーウェルマネジメント」代表の三ツ井創太郎です。

 新型コロナウイルスの感染再拡大や「Go To Eat」ネット予約キャンペーンの終了など、外食業界はまだまだ大変な状況が続いています。大手外食各社の決算も発表されていますが、大変厳しい決算内容となっています。

 しかしこうした状況下においても、2020年5月〜10月の売上高が対前年同期比125.3%という好業績を実現している外食企業があることを皆さんはご存じでしょうか? その企業とは、「横浜家系ラーメン町田商店」を展開する株式会社ギフト(東京都町田市)です。

直営店とプロデュース店舗を含め513店舗を展開する町田商店

513店舗を展開する家系ラーメン町田商店グループ

 ギフトは、直営店とプロデュース店舗を含め513店舗(20年7月時点)を展開しているラーメンチェーンです。

 幼少の頃からラーメンが大好物だったという同社代表の田川翔氏は、高校卒業後に有名繁盛ラーメン店で6年間修行しました。そして、08年に東京都町田市に個人事業主として「横浜家系ラーメン町田商店」を創業しました。

 ラーメン職人として念願の1店舗目を開業させた田川氏ですが、なんとたった10年後の18年にマザーズ市場に上場を果たします。さらに、コロナ禍真っ只中の20年9月には東証一部へ市場変更しています。19年10月期の決算では、年商90億円、営業利益10億円という好業績を達成しています。さらには、先に述べたように、このコロナ禍で大多数の飲食店が苦戦を強いられる中でも、対前年同期比125.3%という驚異的な業績を達成しています。同社の強さの秘密を探ります。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -