ニュース
» 2020年12月04日 11時40分 公開

「鬼滅」最終巻の発売で盛り上がる書店 ”無限品出し”に追われる店員の姿もスピンオフ作品も(2/2 ページ)

[上間貴大,ITmedia]
前のページへ 1|2       

”「鬼滅の刃」と書いているだけで売れる”

 集英社によると、最終巻となるコミックス23巻の初版発行部数は395万部(同日発売の同梱版含む)。同日発売のスピンオフ作品「鬼滅の刃 外伝」は、「週刊少年ジャンプ」のスピンオフ作品初となる初版100万部を発行している。

スピンオフ作品は初版100万部発行

 丸善 有明ガーデン店 石川格店長によると、鬼滅の刃人気の勢いはすさまじく、新刊の23巻以外の在庫は全て売り切れ、入荷にも時間がかかるという。また、雑誌やビジネス書などの関連書籍も「鬼滅の刃と書かれているだけで売れる」(石川氏)状況だ。特設売り場にも関連書籍を並べていて、最終巻と共に手に取る人の姿が見られた。

関連書籍も人気

 鬼滅の刃は、週刊少年ジャンプで16年11号から20年24号まで連載していた吾峠呼世晴氏による漫画作品。19年4月にはテレビアニメ化され、公開中の映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は7週連続で首位を獲得。11月29日までの累計で動員2053万人、興行収入は275億1000万円を突破。97年公開の「タイタニック」の262億円を超え、国内興行歴代2位となっている。

 また、年が明けた21年2月4日には原作画集の「『鬼滅の刃』吾峠呼世晴画集-幾星霜-」と、公式ファンブック第二弾「鬼殺隊最終見聞録(仮)」の発売も予定している。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -