クルマはどう進化する? 新車から読み解く業界動向
ニュース
» 2020年12月09日 13時36分 公開

トヨタ、新型「MIRAI」発売 航続距離は850キロに、空気をきれいにする機能もシステムの転用ニーズにも対応(2/2 ページ)

[ITmedia]
前のページへ 1|2       

デザインは低重心を強調

 クリーンなエネルギーで発電するという特性を生かした給電機能も備えている。新型モデルでは2種類の給電機能を標準装備とした。

 その一つが「DC外部給電システム」。災害発生時などの緊急事態には、フード下のコンパートメント内に設置された外部給電アウトレットと、別売りの外部給電器を接続することで、住宅や電化製品に電力を供給できる。最大9キロワットの給電が可能だという。もう一つが車内に設置した2カ所のアクセサリーコンセント(AC100V、1500W)。非常時給電システムを使うと、車両の走行機能を停止した状態で一般家庭の約4日間の給電に対応できる。

新型「MIRAI」の外部給電アウトレット
センターコンソールボックス後部のアクセサリーコンセント

 一方、デザインは「環境車だからではなく、スタイリングで選ばれるクルマ」を目指してつくり込んだという。外観は、大地に踏ん張るようなスタンスと低重心を強調。台形のロアグリル下端に配置したメッキモールでも低重心を表している。シャープなヘッドランプも特徴的に見せており、遠くからでもMIRAIと分かるデザインに仕上げた。ボディーカラーは新開発の「フォースブルーマルティプルレイヤーズ」を含めて全8色をそろえる。

 グレードは標準の「G」と上級の「Z」を用意し、それぞれ「エグゼクティブパッケージ」なども設定している。メーカー希望小売価格は、710万円〜805万円(税込)。環境対応車の補助金を活用すれば、約570万円からとなる。

新型「MIRAI」のデザインは踏ん張り感を強調。新色の「フォースブルーマルティプルレイヤーズ」も開発
新型「MIRAI」
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -