コラム
» 2020年12月22日 07時00分 公開

ニューノーマル時代のセキュリティ:「社員の座席に駆けつけて対応」はムリ! リモートワーク環境で、サイバー攻撃被害を抑える事前準備 (1/2)

リモートワーク時のVPN接続口を狙った攻撃、二重恐喝ランサムウェアによる攻撃など……コロナ禍でサイバー攻撃の様相も変化。リモートワーク環境での対応について解説する。

[村上純一(PwCコンサルティング合同会社),ITmedia]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が流行して以降、働き方を含む社会生活の変化に伴い、サイバー攻撃もその様相が変化している。具体的には、COVID-19によるパンデミックをテーマとした詐欺・フィッシングの大幅な増加、リモートワーク時のVPN接続口を狙った攻撃、二重恐喝ランサムウェアによる攻撃などが挙げられる。

 こうした脅威に対抗するためにはセキュリティ製品を導入・運用するだけでなくインシデント対応に向けた準備、検知・対処といった組織としての対応力が重要となる。本稿では、リモートワーク環境における平時・有事の際に必要となる組織としての対応について解説する。

「RaaS」登場 攻撃者が“稼ぎやすい”ランサムウェアが猛威

 PwCではセキュリティ脅威を引き起こす攻撃者を敵対国家、組織犯罪、ハクティビスト、破壊行為者の4つに分類している。

photo (図1)攻撃者の分類

 この中でも昨今、特に被害が多発しているのが、組織犯罪に分類されるランサムウェア攻撃だ。

 この攻撃のイメージは次の通りだ(図2)。まず攻撃者が、標的組織の脆弱性が存在する公開サーバとクライアント端末のセキュリティ防御を突破し、内部ネットワークへ侵入する。その後、乗っ取ったサーバ・端末からAD(Active Directory)サーバや運用管理サーバ、資産管理サーバを標的として横展開を行い、これらのサーバにマルウェアを感染させる。

 そして、こうしたサーバやサービスの高権限アカウントを奪取・悪用し、サーバのソフトウェア配布機能により、一斉にネットワーク内の各端末にランサムウェアをばらまき、各端末上のデータを暗号化する。攻撃者は、暗号化されたデータの復号に関してビットコインなどの仮想通貨による支払いを要求する。昨今ではこれにとどまらず、暗号化したデータを窃取し、ダークウェブ上で公開することで公開の差し止めに関しても金銭の要求を行う、二重恐喝ランサムウェアが猛威を振るっている。

photo (図2)進化するランサムウェアの一例

 こうしたランサムウェアによる被害はリモートワーク以前と比べて約7倍に増加としたといわれており、企業にとって深刻な脅威となっている。その背景には、ランサムウェアがRaaS(Ransomware As-A Service)という形でビジネスとして確立した点が挙げられる。

 近年、活動が活発ないくつかのランサムウェアでは、RaaSモデルが採用されており、RaaSを運営する組織(オペレーター)とランサムウェアを拡散させるグループ(アフィリエイター)が分離している。オペレーターは、アンダーグラウンドのフォーラムなどでアフィリエイターを募集。複数のアフィリエイターが、オペレーターの提供するプラットフォームを活用して攻撃を行うことで、収益を拡大させている。

 従来、標的型攻撃といえば「敵対国家」に代表されるAPT(Advanced Persistent Threat)を指すことが一般的であった。ランサムウェアも、これまでは金銭を目的とした「ばらまき型」として広く無差別に攻撃が行われてきた。しかし、より多くの利益を獲得するために標的を定める「標的型ランサムウェア」や、二重恐喝を行う「人手によるランサムウェア攻撃」(Human Operated Ransomware attacks)が登場し、より深刻な脅威をもたらしている。

リモートワークで、狙われやすくなった? 事前にリスクを想定せよ

 企業がこうした深刻化する脅威に対抗するためには、セキュリティ製品を導入・運用するだけでなく、組織としてのインシデント対応力を構築することが非常に重要となる。実際にインシデントが発生した場合、状況を分析・対処し、いかに速やかに被害の最小化を行えるかは、事前準備によるところが大きい。

 例えば、マルウェアなどが端末で検知された場合、感染端末を特定し、抜栓(ばっせん)などの隔離を迅速に行うことは比較的容易である。一方で、感染経路の特定、システム全体の被害範囲の特定、深刻度の把握・判定を迅速に行うためにはシステム的な対策だけでなく、事前に脅威分析を行い、自社環境でのリスクシナリオを想定しておくこと、全社的な深刻度定義と対応方針を定めておくことが重要である。

 特にCOVID-19を受けてリモートワークを導入した企業は、従来のIT環境と比べて次のような変化はないだろうか。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -