3分Biz.
ニュース
» 2020年12月24日 13時06分 公開

最量販車をマイナーチェンジ:ホンダ、「N-BOX」を改良 デザインを刷新、新コーディネートも追加 (1/2)

ホンダは12月25日、軽自動車「N-BOX」をマイナーモデルチェンジして発売する。内外装のデザインを刷新したほか、新たなコーディネートを提案するグレードを追加。最量販車種の魅力を高め、さらに幅広い層を取り込む。

[ITmedia]

 ホンダは12月24日、軽自動車「N-BOX」をマイナーモデルチェンジし、25日に発売すると発表した。内外装のデザインを刷新したほか、新たなコーディネートを提案するグレードを追加。最量販車種の魅力を高め、さらに幅広い層を取り込む。

ホンダが改良した「N-BOX」と「N-BOX Custom」

 N-BOXは2011年の発売以来、室内空間の広さなどによって幅広い層からの支持を得ている。19年(1〜12月)の販売台数はホンダとして過去最高となる25万3500台を記録。国内新車販売台数では、3年連続でトップになった。また、20年の上半期(1〜6月)も首位を維持。20年6月には、累計販売台数180万台を達成している。

 今回のマイナーチェンジでは、「N-BOX」「N-BOX Custom(カスタム)」ともに、「所有する喜びをより一層得られるようなデザイン」(同社)に改良。N-BOXは、よりシンプルで機能性を強調したデザインに仕上げた。エクステリアはヘッドライトとグリルの形状を変更。落ち着いた表情にしたほか、メッキバーをロアグリルに追加することでワイドなイメージを持たせている。インテリアはダークブラウンに刷新。ホワイトの加飾とシート表皮を引き立てるような色にした。

ホンダ「N-BOX」。シンプルなデザインに改良
ホンダ「N-BOX」のインテリア

 N-BOXカスタムは、N-BOXよりいっそう高級感や存在感を高めたデザインに仕上げた。エクステリアは、アッパーグリルのメッキを立体化するなど、フロント周りのデザインを強化。また、メッキバーをリアバンパーに追加した。インテリアは、ブラックの内装とシート表皮は変更せず、マルチブラック塗装の加飾を刷新し、奥行きを感じられるようにした。

ホンダ「N-BOX Custom」。高級感を高めた
ホンダ「N-BOX Custom」のインテリア
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -