3分Biz.
ニュース
» 2020年12月24日 16時34分 公開

日常着が売れる傾向:無印良品が定番アイテムを値下げ 10月の「ずっと、見直し。ずっと、良い値。」に続いて

無印良品が定番肌着を値下げする。10月にも日常着72アイテムを値下げしている。コロナ禍で売れ筋が変化したことへの対応を進めている。

[ITmedia]

 無印良品を展開する良品計画は12月24日、定番肌着を値下げすると発表した。

10月にも日常着72アイテムを値下げしていた(出所:リリース)

 12月25日、婦人向けの「ストレッチ天竺編み2枚組キャミソール」と「ストレッチ天竺編みミディショーツ(えらべる2枚)」をそれぞれ990円(税込、以下同)から790円に値下げする。また、紳士向けの「脇に縫い目のない 天竺編み2枚組VネックTシャツ」と「インド綿 フライス編み前開きボクサーパンツ(えらべる2枚)」もそれぞれ990円から790円に値下げする。

 同社は10月に「ずっと、見直し。ずっと、良い値。」をうたい、基本の日常着72アイテムを値下げしている。コロナ禍の影響で、外出時に着用する衣類の売り上げが低下する一方で、普段使いのアイテムが支持されるようになったことが背景にある。また、一部の期間限定セールや週末セールを行わない方針も打ち出している。一時的に来店者数が増えると感染リスクが高まるためだ。

 消費者の生活防衛意識が高まっていることを受け、小売りチェーンで価格を下げる動きが目立ってきている。例えば、イオンリテールは11月6日から食料品や日用消耗品など最大約700品目を「生活応援特価!」で提供すると発表している。西友も9月4日から生活必需品765品目を平均5.1%値下げするとしている。

値下げする商品(出所:リリース)
値下げする商品(出所:リリース)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -