金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2021年01月18日 19時08分 公開

ついに始まったみずほ銀行通帳有料化 通帳レス口座「みずほ e-口座」も開始

みずほ銀行は1月18日、新規申し込み口座について、紙の通帳の有料化を開始した。併せて、通帳を発行しない「みずほ e-口座」の提供を始める。

[ITmedia]

 みずほ銀行は1月18日、新規申し込み口座について、紙の通帳の有料化を開始した。70歳未満の個人、企業や団体が開く口座が対象で、一冊あたり1100円。大手銀行としては初めての試みとなる。三井住友銀行や横浜銀行も、通帳有料化を発表している。

 これに併せて、通帳を発行しない「みずほ e-口座」の提供を始める。併せて「みずほダイレクト通帳」に申し込むことで、スマホやPCをから過去10年分の取引明細を確認できる。また毎年1月時点で、過去1年間通帳記帳していない場合、自動的に「e-口座」に切り替わる。

スマホやPCから取引明細を確認できる「みずほ e-口座」のメリット(みずほ銀行)

 e-口座では、大日本印刷との協業により、口座開設時の本人確認をスマホで完結する「eKYC」を導入した。

 また、e-口座により削減できる通帳発行手数料などを原資に、口座数に応じて、1口座あたり100円を公共財団法人世界自然保護基金ジャパンへ寄付する(最大50万人分)。併せて、3月31日までに紙の通帳からみずほダイレクト通帳に切り替えた人に、抽選で1000円をプレゼントするキャンペーンも実施する。

e-口座切り替えに伴うキャンペーン(みずほ銀行)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -