3分Biz.
ニュース
» 2021年01月25日 15時30分 公開

Suicaを使ってビルの入退館 フォトシンスとJR東子会社が実証実験決済以外の活用を創出

スマートロックを開発するフォトシンスと、JR東日本スタートアップは、Suicaを活用したビル入退館システムの実証実験を開始すると発表した。

[ITmedia]

 スマートロックを開発するPhotosynth(フォトシンス、東京都港区)と、JR東日本スタートアップ(東京都港区)は1月25日、Suicaを活用したビル入退館システムの実証実験を開始すると発表した。

 発行者は事前に訪問者の予約を行う必要がある。来訪者はWeb画面でSuicaのIDを登録することで、当日は受付に立ち寄ることなく入館できる仕組みだ。また、一度登録したSuicaは次回以降も発行者に招待してもらうだけで入館できるという。

Suicaを活用した新たなスマートビル入退館のイメージ(出所:プレスリリース)

 実験は2月1日〜3月末日で、JR東日本本社ビル(東京都渋谷区)で実施する。対象はJR東日本の社員とし、支社などで働く社員が本社を訪れた際の入退館でSuicaを使用するという。

 JR東日本グループは、この実験結果を基にSuicaのIDを活用した決済以外の新たなサービス実現と、ビジネスモデルの構築を目指すとしている。

(出所:プレスリリース)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -