3分Biz.
ニュース
» 2020年12月23日 16時37分 公開

香椎線 西戸崎〜香椎間:JR九州が営業列車で自動運転の実験開始 将来的には運転士以外が乗務

JR九州は12月22日、自動列車運転装置の実証実験を12月24日に開始すると発表した。将来的な労働人口減少へ備えるための取り組み。

[ITmedia]

 JR九州は12月22日、自動列車運転装置の実証実験を12月24日に開始すると発表した。来的な労働人口減少を見据え、必要な人材を確保するための取り組み。

JR九州 819系 通称「DENCHA」(出所:プレスリリース)

 実証実験は通称「DENCHA」(デンチャ)と呼ばれる819系の1編成(2両)を使用して行う。実施区間は香椎線 西戸崎〜香椎間で1日12往復する。当面は運転士が乗車して運行するが、将来的には、運転士資格を持たない係員だけが乗車した自動運転の実現を目指すという。

 実証実験は、踏切がある区間でも実施。運転士や係員が、前方の異常や危険を発見した場合は緊急停止操作を行うという。将来的な自動運転化に向けて、自動列車運転装置による車両制御の安定性や、運転取扱いの変更による検証、運転士の心理的影響などを確認する。

運転席から見える線路のイメージ(出所:プレスリリース)

 JR九州では、21年度末までに自動列車運転装置を使った営業運転の区間と対象列車の拡大を目指す。

実証運転の区間(出所:プレスリリース)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -