3分Biz.
ニュース
» 2021年01月21日 11時10分 公開

阪神電鉄、甲子園球場で顔認証の実証実験 入場管理を非接触で待ち時間の軽減目指す

阪神電気鉄道は、鍵システム開発のビットキーと協業し、阪神甲子園球場で顔認証を使った入場管理の実証実験を行うと発表した。検証は球場関係者を対象に実施し、入場管理の簡素化と、待ち時間の軽減などを目指す。

[ITmedia]

 阪神電気鉄道は1月20日、鍵システム開発のビットキー(東京都中央区)と協業し、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で顔認証を使った入場管理の実証実験を行うと発表した。検証は球場関係者を対象に実施し、入場管理の簡素化と、待ち時間の軽減などを目指す。

阪神甲子園球場

 実験では、球場の関係者入口に顔認証が可能なソフトウェアをインストールしたタブレット端末を設置。球場関係者約40人の顔情報を事前に登録し、球場に入る際に顔を読み取らせて認証結果を表示するという。期間は1月21日〜3月下旬を予定する。

実証実験のイメージ(出所:プレスリリース)

 阪神甲子園球場では、非接触での入場認証の実現に向け、2020年度からチケットに印字したQRコードを端末で読み取る方式を導入している。両社では今後、実験の規模・内容を拡大するなどして、一般観客への実用化の可能性を探る。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -