3分Biz.
調査リポート
» 2021年02月13日 08時00分 公開

4月の入社式は「対面開催のみ」が8割弱 「オンラインのみ」は1割未満にとどまる研修にはオンラインも活用

ディスコが発表した調査結果によると、2021年4月の入社式開催予定の企業のうち、対面のリアル開催のみを予定している割合が8割弱。新入社員研修では4割弱がオンラインを活用する予定だが、入社式では顔を合わせることを重視する企業が多い。

[ITmedia]

 新型コロナウイルスの影響が長引く中、4月には入社式が迫っている。各企業はどのように対応するのだろうか。就職情報サービスを展開するディスコが発表した調査結果によると、入社式開催予定の企業のうち、対面のリアル開催のみを予定している割合が8割弱だった。入社後の研修では4割弱がオンラインを活用する予定だが、入社式では顔を合わせることを重視する企業が多いようだ。

入社式は対面形式のみで実施する企業が多い(写真提供:ゲッティイメージズ)

 2021年4月入社の入社式については「開催する」が84.2%。開催予定の企業のうち、形式は「リアル・会場型のみ」が76.2%と大多数を占めた。「リアルとオンラインの併用」は16.9%、「オンラインのみ」は6.9%にとどまった。

 企業規模別にみると、従業員数が少ないほど対面開催が多い。「リアル・会場型のみ」の割合は、従業員1000人以上の企業で61.9%だったのに対し、300〜999人では77.3%、299人以下では87.6%に上った。

入社式の実施予定とその形式(=ディスコ調べ)

 一方、入社後の新入社員研修の形式は、「リアル・会場型中心」が50.6%と最多だったが、「リアルとオンライン半々」が25.2%、「オンライン中心」が11.5%と、入社式よりもオンラインを活用する企業が多い。オンラインを取り入れる企業は計36.7%だった。

 特に、従業員1000人以上の企業では「リアルとオンライン半々」「オンライン中心」が合わせて47.4%と、「リアル・会場型中心」(38.5%)を上回った。新入社員研修についても、企業規模が小さいほど対面中心の開催予定とする企業が多かった。

新入社員研修の実施形式の予定(=ディスコ調べ)

 入社前の内定者フォローの形式については、「基本的にオンライン」が45.2%、「リアルとオンライン半々」が32.8%となり、「基本的にリアル・対面」は22.0%だった。入社前にはなかなか対面でフォローする機会を持てない状況だったようだ。

 調査は、1月27日〜2月5日にインターネットで実施。全国の主要企業1174社から回答を得た。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -