クルマはどう進化する? 新車から読み解く業界動向
ニュース
» 2021年02月17日 18時25分 公開

テスラ、モデル3を最大156万円値下げ 最廉価モデルは429万円に

テスラジャパンはミドルクラスのEV「モデル3」を値下げした。ラインアップ3車種のうち、ミドルレンジの「ロングレンジAWD」では655万2000円(税込、以下同)を499万円へと156万円値下げ。ローエンドの「スタンダードレンジ プラス」は511万円から429万円へ下げた。

[ITmedia]

 テスラジャパンはミドルクラスのEV「モデル3」を値下げした。ラインアップ3車種のうち、中央価格帯の「ロングレンジAWD」では655万2000円(税込、以下同)を499万円へと156万円値下げ。廉価モデルの「スタンダードレンジ プラス」は511万円から429万円へ下げた。上位モデルの「パフォーマンス」は717万3000円で変更はない。

モデル3の日本仕様ラインアップ(テスラ)

 モデル3は普及価格帯のEVと位置づけられている。エコカー減税(約26万円)や補助金制度(40万円)などを組み合わせることで、実質的な購入価格はさらに下がる。

 テスラは2020年から段階的に全世界で新車価格を引き下げてきた。1月に中国で発売したクロスオーバーSUVの「モデルY」は、日本円換算で536万〜584万円と、予定していた価格から30%も価格を引き下げたことが話題となった。

 車両の注文はクレジットカードを使い、インターネットで24時間365日受け付ける。また、試乗は、スタッフとの接触を一切行わない「ゼロコンタクト・テストドライブ」という仕組みも導入している。操作に不安のある人には、電話での説明や、車内のタッチスクリーンで操作ビデオも提供している。

テスラはゼロコンタクト・テストドライブを開始している(テスラジャパン)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -