メディア
3分Biz.
ニュース
» 2021年03月04日 15時50分 公開

マルエツ 法人向け無人店舗「スマートプチ」オープン 弁当の配達にも対応福利厚生の一環

マルエツは3月4日、法人向け無人店舗サービス「smart petit(スマート プチ)」の1号店を、都内のオフィスに出店したと発表した。

[ITmedia]

 マルエツは3月4日、法人向け無人店舗サービス「smart petit(スマート プチ)」の1号店を、都内のオフィスに出店したと発表した。

 スマートプチは、イオン傘下でマルエツなどを運営するユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(USMH)のスマホ決済アプリ「Scan&Go Ignica(スキャンアンドゴー イグニカ)」を使って商品を購入するサービス。職場の一角に設置できることから、昼食時などに外出を控える人や、出勤する従業員に対する福利厚生としての需要を想定する。

マルエツが「smart petit(スマート プチ)」をオープン(出所:プレスリリース)

 商品は飲料や菓子、即席麺のほか、冷食食品、文具、生活消耗品など、スペースに応じて100〜500品目を取りそろえる。また、導入企業の要望にも応じるという。近隣店舗の従業員が週に2〜3回程訪れ、商品補充、在庫確認、発注などの作業を行う。さらに事前予約で弁当の注文配達も対応する。

最小展開店舗イメージ(出所:プレスリリース)

 コロナ禍による外出自粛や福利厚生の一環として、職場の無人店舗サービスが企業の従業員向けビジネス「BtoE」の1つとして注目を集めている。同社はオフィス以外にも、工場やコールセンター、病院などへの展開を推進し、当面は100店舗への拡大を目指すとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -