3分Biz.
ニュース
» 2021年03月09日 16時00分 公開

下宿学生のアルバイト収入がコロナ禍で2割減大学生の生活実態調査

全国大学生活協同組合連合会が調査結果を発表した。新型コロナウイルス感染拡大以降、初の調査となり、その影響がみられた。

[神奈川はな,ITmedia]

 全国大学生活協同組合連合会は3月8日、第56回学生生活実態調査の結果を発表した。下宿学生のアルバイト収入は前年に比べ2割減少しており、食費や教養娯楽費を切り詰めている現実が浮き彫りになった。

全国大学生協連生活実態調査 1カ月の生活費【下宿生】(以下、画像は全国大学生活協同組合連合会のサイトから)

 同調査は1963年から原則毎年秋に実施。今回は20年10月〜11月に行い、全国の国公私立30大学から1万1028の回答を得た。新型コロナウイルス感染拡大後としては初めての調査となる。

 下宿生のアルバイト収入は2万6360円で前年に比べ7240円減少した(−21.5%)。前年からの減少額は70年以降で最も大きい。仕送りは7万410円(前年−2400円)、収入合計は12万2250円(同−7610円)で共に減少。仕送り0円の下宿生が全体の8.6%に増加した。

 支出面では、食費(2万4570円、同−1820円)と教養娯楽費(1万990円、同−1880円)の減少が顕著。支出合計は12万1180円で、こちらも減少している(同−7910円)。

全国大学生協連生活実態調査 下宿生の仕送り金額分布

 自宅生のアルバイト収入は3万7680円で前年に比べ3550円減少(−8.6%)。11年から9年ぶりの減少となった。支出面では、食費(1万670円、同−3180円)、教養娯楽費(1万750円、同−2240円)が減少する一方で、貯金・繰越は増加している(1万9610円、同+2730円)。

全国大学生協連生活実態調査 1カ月の生活費【自宅生】

 半年間(4月〜9月)のアルバイト就労率は全体的に減少。特に1年生は59.1%と前年から19.1ポイント下がり、東日本大震災のあった2011年以来の低水準となった。「新規にアルバイト先を探したが見つからなかった」が26.5%にのぼる。

 2年生以上では5人に1人が「勤務先からシフトを減らされた」経験があり、「アルバイト先の休業で勤務できなかった」という回答もみられた。

全国大学生協連生活実態調査 半年間にアルバイトをした学生
全国大学生協連生活実態調査 この半年間のアルバイト状況

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -