日本を変える「テレワーク」
調査リポート
» 2021年03月25日 11時48分 公開

20代の半数以上「リモートで地方の仕事をしてみたい」 理由1位は「地域貢献」ではなく……?リモート副業

20代の半数以上が「リモートで、地方の企業・団体の仕事(副業)をしてみたい」と思っている──そんな調査結果を、学情が発表した。理由は?

[ITmedia]

 20代の半数以上が「リモートで、地方の企業・団体の仕事(副業)をしてみたい」と思っている──就職情報サイトなどを運営する学情がそんな調査結果を発表した。将来、地元へ帰ることを見据え、まずはリモートで働きたいという理由の他、“リモート副業”によってスキルを習得したい、本業以外でもスキルを生かしたい、といった意図もあるようだ。

photo 19.0%が「とても働いてみたい」、35.6%が「やや働いてみたい」と回答=学情の調査結果より

 19.0%が「とても働いてみたい」、35.6%が「やや働いてみたい」と回答。合わせて54.6%が、リモートで地方の仕事に携わることに意欲的だと分かった。調査では「地元に帰ることを視野にまずはリモートで働きたい」「今は住む場所を変えたくないが、地元は好きなので貢献したい」などの声が上がった。

 働いてみたいと思う理由は「リモートでの副業で、スキルを身につけたいから」(39.1%)がトップ。次いで「地域に貢献したいから」(34.8%)、「本業以外でも、スキルやアイデアを生かす場所が欲しいから」(31.2%)、「コロナ禍で住む場所を見直したいと思うようになったから」(26.8%)と続いた。

photo 働いてみたいと思う理由は「リモートでの副業で、スキルを身につけたいから」(39.1%)がトップ=学情の調査結果より

 参画してみたい事業は 「観光や地域振興に関わる事業」(40.0%)が最多。以下「ITや情報通信に関わる事業」(29.5%)、「特色ある製品を製造するメーカーの事業」(23.0%)と続く。

photo 参画してみたい事業は 「観光や地域振興に関わる事業」(40.0%)が最多=学情の調査結果より

 取り組みたい仕事は「事務関連・ビジネス文書作成」(32.9%)が最も多く、次いで 「Web関連(Web制作・サイト運営)」(31.7%)、「SNS運用」(28.1%)、「マーケティング関連」(26.1%)という結果だった。

photo 取り組みたい仕事は「事務関連・ビジネス文書作成」(32.9%)が最も多かった=学情の調査結果より

 調査は3月9〜22日、20代専門の転職サイト「Re就活」で実施。506人の回答を得た。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -