3分Biz.
ニュース
» 2021年04月02日 10時20分 公開

スバル、「レヴォーグ」1万8000台で改善対策、自動ブレーキ誤作動のおそれ物損事故1件発生

SUBARU(スバル)は4月1日、「レヴォーグ」の計1万8507台の改善対策を国土交通省に届け出た。

[ITmedia]

 SUBARU(スバル)は4月1日、「レヴォーグ」の計1万8507台の改善対策を国土交通省に届け出た。運転支援装置に不具合があるという。

不具合の発生箇所(出典:国土交通省

 対象車種は、運転支援装置の衝突被害軽減ブレーキの制御プログラムが不適切なため、カーブ路にあるガイドポストや対向車の進行方向などが正しく認識できず、システムが衝突対象として過敏に反応することがあるという。そのため、意図しないところで障害物との接近を知らせる警報音が鳴り、衝突被害軽減ブレーキが作動するおそれがある。不具合件数は34件で、物損事故1件が発生している。

(出典:国土交通省

 製造期間は2020年11月2日〜21年3月18日。改善対策として、全車両の運転支援装置の制御プログラムを書き換えるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -