クルマはどう進化する? 新車から読み解く業界動向
ニュース
» 2021年04月19日 12時40分 公開

トヨタが新EVシリーズ第1弾「bZ4X」を発表 SUBARUと共同開発25年までにEV15車種導入

トヨタ自動車は新EVシリーズ「TOYOTA bZ(トヨタ ビーズィー)」を発表。第1弾となる「TOYOTA bZ4X(トヨタ ビーズィーフォーエックス)」のコンセプト車両を初披露した。

[ITmedia]

 トヨタ自動車は4月19日、新EVシリーズ「TOYOTA bZ(トヨタ ビーズィー)」を発表し、上海モーターショーで、シリーズ第1弾となる「TOYOTA bZ4X(トヨタ ビーズィーフォーエックス)」のコンセプト車両を初披露した。トヨタはbZシリーズを電動車のフルラインアップ化の一環だとしていて、2025年までにEV15車種を導入し、うち7車種を同シリーズとして展開する。

「TOYOTA bZ4X(トヨタ ビーズィーフォーエックス)」(以下、プレスリリースより)

 発表したTOYOTA bZ4Xは、SUBARU(スバル)と共同開発したSUVタイプのEV。両車で共同開発したe-TNGA EV専用プラットフォームを採用した。両社の強みを持ち寄り、次のような特徴があると説明する。

 EV専用プラットフォームによるショートオーバーハング・ロングホイールベース化で、特徴的なスタイリングとDセグメントセダン並みの室内空間を実現。異形ステアリングホイールを導入し、操舵時に持ち変える必要がなく広々としたスペースの演出にもこだわった。また、低いインストルメントパネルを採用。メーターはステアリングホイール上方に配置し、開放感や視認性を向上させた。

異形ステアリングホイールを採用

 採用した新AWDシステムはスバルと共同開発した。電動車ならではの素早いレスポンスを生かした安全で気持ちの良い走りと、高い走破性を実現したという。

 新EVシリーズTOYOTA bZはスバルに加え、ダイハツ工業やスズキ、中国のEV大手、比亜迪(BYD)と共同で開発を進め、中国・米国・欧州など、EVの需要や再生可能エネルギーによる電力供給が多い地域での流通を目指す。このうちTOYOTA bZ4Xは、日本と中国での生産を予定していて、22年半ばまでにグローバルでの販売を開始する計画だ。

22年半ばまでにグローバルでの販売を開始する計画

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -