3分Biz.
ニュース
» 2021年04月23日 09時00分 公開

トヨタが「水素エンジン」開発へ 24時間耐久レースに参戦

トヨタ自動車は4月22日、「水素エンジン」の技術開発に取り組むと発表した。

[ITmedia]

 トヨタ自動車は4月22日、「水素エンジン」の技術開発に取り組むと発表した。カローラ スポーツをベースとした競技車両に水素エンジンを搭載し、5月21〜23日に行われる24時間耐久レースに参戦する。

水素エンジンのイメージ(出所:プレスリリース)

 水素エンジンは、ガソリンエンジンから燃料供給系と噴射系を変更し、ガソリンの代わりに水素を燃焼させて動力を発生させるもの。ガソリンエンジンでも発生するごく微量のエンジンオイル燃焼分を除き、走行時にCO2は発生しないという。

 同社は「水素エンジンの水素の燃焼の速さはガソリンよりも速く、応答性が良いという特徴がある」と説明する。

 今回の水素エンジンには、2020年9月に発売したGRヤリスなど、モータースポーツで培った技術も活用。安全性は燃料電池車の開発やMIRAIの市販を通して得た技術やノウハウを応用する。

スーパー耐久の様子(出所:プレスリリース)

 また競技中には、福島県浪江町の「福島水素エネルギー研究フィールド」で製造した水素を使用する予定だ。水素活用の促進でインフラの拡大を目指すとともに、水素エンジン技術をモータースポーツを通じて鍛え、より良い水素社会の実現を目指すとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -