クルマはどう進化する? 新車から読み解く業界動向
ニュース
» 2021年04月19日 15時40分 公開

レクサス「新型ES」世界初公開 日本では今秋発売フロントグリルの意匠を変更(1/2 ページ)

トヨタ自動車は4月19日、高級車ブランド「LEXUS(レクサス)」の新型ESを上海モーターショーで世界初公開した。

[ITmedia]

 トヨタ自動車は4月19日、高級車ブランド「LEXUS(レクサス)」の新型ESを上海モーターショーで世界初公開した。ESは、1989年にフラッグシップセダンLSとともに販売を開始。これまでに80以上の国や地域で累計約265万台を販売してきたLEXUSラインアップの基幹モデルだ。日本での発売は、2021年秋頃を予定している。

「LEXUS(レクサス)」新型ES(以下、プレスリリースより)

 新型ESには、F SPORTに新型のアクチュエータを用いた最新のリニアソレノイド式AVSを採用。油圧制御用ソレノイドのオイル流量制御バルブの流路を拡大し、低減衰力にも対応しつつ、減衰力の可変幅を拡大。上質な乗り心地と操舵応答性や安定性を両立した。

 リヤサスペンションメンバーブレースを1枚板から2枚の板を合わせた構造に変更し、剛性を向上させた。特にねじりや曲げに対する剛性を高め、高速のレーンチェンジといったシーンでも、よりリニアでドライバーの意のままのドライビングフィールを実現した。

LEXUS ES リヤサスペンション(プロトタイプ)

 また、電子制御ブレーキシステムの制御定数を変更し、ブレーキのコントロール性を向上。ブレーキペダルパッドは形状を変更し、足裏との接触範囲を拡大。ペダル踏み込み時の安定感を向上させた。

 エクステリアデザインについては、フロントグリル、ヘッドランプの意匠を変更した。フロントグリルはESらしさを継承しながらメッシュパターンを採用。横方向の流れを強調するL字ユニットの集合体で構成し、グリルの押出しを強調する仕様とした。

フロントグリル、ヘッドランプの意匠を変更

 ヘッドランプは、単眼ランプを新小型ユニットに変更。3眼ランプはブレードスキャン式アダプティブハイビームシステム(Adaptive High-beam System、AHS)を採用した。従来のAHSより細かい遮光が可能となり、ハイビームの照射範囲を広げることで対向車や先行車を眩惑(げんわく)することなく歩行者や標識を認識できるという。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -