3分Biz.
ニュース
» 2021年04月28日 16時07分 公開

「ウマ娘」初速好調、サイバーが上方修正 ゲーム事業、四半期で過去最高売上

サイバーエージェントが、2021年9月期通期の連結業績予想を上方修正。「ウマ娘 プリティーダービー」などがヒットし、収益を押し上げている。

[ITmedia]

 サイバーエージェントは4月28日、2021年9月期(20年10月〜21年9月)通期の連結業績予想を上方修正し、売上高が前回予想から1000億円増の6000億円(前期比25.4%増)になる見通しだと発表した。主力のゲーム事業で「ウマ娘 プリティーダービー」など新規タイトルがヒットし、収益を押し上げている。

 営業利益は575億〜625億円(前期は338億円)、純利益も240億〜260億円(前期は66億円)を見込む。

photo サイバーエージェントの決算資料より

 要因の一つは「ウマ娘」のヒットだ。ゲーム事業の21年1月〜3月売上高は、四半期では過去最高の639億円を記録。自社IPの「ウマ娘」に加え、他社IP「NieR Re[in]carnation」も初速が好調だったという。

photo
photo

 さらに広告事業も、新型コロナウイルスの影響を受けながらも、業績動向が想定を上回ったとしている。

 同日発表した21年9月期第2四半期(20年10月〜21年3月)連結業績は、売上高が前年同期比20.3%増の2944億円、営業利益が62.8%増の329億円、純利益が約2.8倍の136億円だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -