ニュース
» 2021年04月30日 13時20分 公開

アップル売上高1.5倍 出そろったGAFA決算、懸念は?(1/3 ページ)

コロナ過から1年、米ハイテク大手グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの2021年1-3月期の決算が出そろった。ロックダウンやリモートワークに伴うオンライン活動の活発化に伴い、各社ともに好調な決算となった。

[ITmedia]

 コロナ過から1年、米ハイテク大手グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの2021年1-3月期の決算が出そろった。ロックダウンやリモートワークに伴うオンライン活動の活発化に伴い、各社ともに好調な決算となった。

アマゾン

(写真提供:ゲッティイメージズ)

 アマゾンが米国時間4月29日に発表した決算によると、売上高は1085億1800万ドル(約11兆円)と、前年同期の754億5000万ドルから43%増となった。利益は81億ドル(約8800億円)と25億ドルから3倍以上に増加した。

 ロックダウンにより、ネット通販売上高が44%伸びて529億100万ドルとなった。また、引き続いて、最大の収益源はクラウドサービスのAWS(Amazon Web Service)だ。売上高は32%伸びて135億300万ドル、営業利益は41億6300万ドルだった。

 有料会員制サービスも好調だ。アマゾンプライムの会員数は全世界で2億人に達している。アマゾンは、今後6月までの3カ月で、売上が前年同期から最大30%増の見通しだとしており、引き続き好調を見込む。

 株価は発表前の3471ドルから、アフターマーケットで2.3%高の3553ドルに伸張した。株式分割が発表されるのではといううわさから、株価はここ数日で3%ほど上昇していたが、株式分割は発表されなかった。

アマゾンの売上高推移
アマゾンの純利益推移
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -