ニュース
» 2021年05月06日 16時31分 公開

スシロー運営会社の業績が絶好調 コロナ禍でも積極出店で過去最高の売り上げ利益も過去最高

大手回転寿司チェーン「スシロー」を展開するFOOD&LIFE COMPANIESが中間決算を発表。コロナ禍でも積極出店した影響で好業績だった。

[ITmedia]

 大手回転寿司チェーン「スシロー」を展開するFOOD&LIFE COMPANIESは5月6日、2020年10月〜21年3月期の連結決算(国際会計基準)を発表した。

都市部の店舗が増えている

 売上高にあたる売上収益は1190億4200万円(前年同期比10.1%増)、営業利益は131億1400万円(同59.2%増)、純利益は77億6000万円(同52.7%増)だった。上半期の業績としては、売上収益、各利益ともに過去最高を記録した。

 コロナ禍で多くの外食チェーンが苦戦する中、出店を加速させたことが売り上げ増につながった。国内スシロー業態では、上半期に合計24店舗出店した。内訳は、「To Go型」(持ち帰り専門店)が3店舗、都市型が5店舗、通常型が16店舗だった。また、国内における既存店の売上高も前年同期比101.7%と好調だった。要因は、「Go To 超スシロー PROJECT」などのキャンペーンを実施したことや、高額な「480円皿」や「980円皿」の売り上げ比率が上昇したことだ。20年上半期は高額皿の売り上げ比率は1.4%だったが、21年上半期は3.2%となった。

480円皿や980円皿が好調(出所:FOOD&LIFE COMPANIES決算説明資料)

 また、海外展開も本格化させている。タイの新規出店により、5つの国・地域への展開を完了した。同社は今後も国内外の出店を加速していくとしている。

タイの店舗には大行列(出所:FOOD&LIFE COMPANIES決算説明資料)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -