3分Biz.
ニュース
» 2021年05月06日 16時33分 公開

Switch好調の任天堂、純利益85%増 1年以上前に発売した「あつ森」「リングフィット」など貢献21年3月期

任天堂の2021年3月期通期の連結業績は、大幅な増収増益だった。巣ごもり需要を背景に、Nintendo Switchのソフト販売が好調に推移。ゲーム機本体の販売拡大にも貢献した。

[ITmedia]

 任天堂が5月6日に発表した2021年3月期(20年4月〜21年3月)通期の連結業績は、売上高が前期比34.4%増の1兆7589億円、営業利益が81.8%増の6406億円と増収増益だった。純利益は85.7%増の4803億円。巣ごもり需要を背景に、Nintendo Switchのソフト販売が好調に推移。ゲーム機本体の販売拡大にも貢献した。

photo Nintendo Switchのソフト販売が好調だった=写真は2017年1月のSwitch報道向け体験会(東京ビッグサイト)で撮影

 特に前期までに発売した、既存タイトルが引き続き好調だった。具体的には、20年3月発売の「あつまれ どうぶつの森」が2085万本(累計販売本数3263万本)、17年4月発売の「マリオカート8 デラックス」が1062万本(同3539万本)、19年10月発売の「リングフィット アドベンチャー」が738万本(同1011万本)を記録した。

photo 任天堂の決算資料より
photo 任天堂の決算資料より

 Switch本体の販売台数は2883万台(前期比37.1%増)、ソフトの販売本数は2億3088万本(前期比36.8%増)だった。

 22年3月期は、売上高が前期比9.0%減の1兆6000億円、営業利益が22.0%減の5000億円、純利益が29.2%減の3400億円を見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -