ニュース
» 2021年05月12日 15時42分 公開

トヨタ、純利益2.2兆円 大回復の要因は何だったのか、決算会見で語られたこと21年3月期通期(2/2 ページ)

[ITmedia]
前のページへ 1|2       

「カーボンニュートラルのトップランナーでありたい」

 トヨタは同日、電動車の販売台数見通しも発表した。30年には、グローバルで電動車800万台を見込む。そのうち、バッテリーEVとFCEVで200万台を占める計画だ。「電動化を含むCASE領域では、概算だが年間1兆円を投資してきた。今期は2割増で投資する予定だ」(近執行役員)

photo 電動車の販売計画も発表した=トヨタの決算会見ライブ中継より

 長田准執行役員は「トヨタが目指すのは、電動化比率を高めることではなく50年までにカーボンニュートラルを実現することだ。クルマを作り、運び、配客していく、一連のライフサイクルの中でCO2を減らす。そのためには、現段階でさまざまな技術に挑戦する必要がある」と話す。

 「プリウスの発売(1997年)以降、CO2の低減、省エネという意味では、世界のトップランナーとして20%以上、実施してきたと思っている。カーボンニュートラルの領域でもトップランナーでありたい」(長田執行役員)

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -