クルマはどう進化する? 新車から読み解く業界動向
連載
» 2021年05月03日 07時00分 公開

内燃機関から撤退? そんな説明でいいのかホンダ池田直渡「週刊モータージャーナル」(1/8 ページ)

ホンダは新目標を大きく2つに絞った。一つは「ホンダの二輪・四輪車が関与する交通事故死者ゼロ」であり、もう一つは「全製品、企業活動を通じたカーボンニュートラル」。そして何より素晴らしいのは、その年限を2050年と明確に定めたことだ。ホンダは得意の2モーターHVである「e:HEV」を含め、全ての内燃機関から完全卒業し、EVとFCV以外を生産しない、世界で最も環境適応の進んだ会社へと意思を持って進もうとしている。

[池田直渡,ITmedia]

 4月23日、本田技研工業は新たに社長に就任した三部敏宏(みべ としひろ)氏が就任会見を開くと供に、ホンダの近未来計画を説明した。

 ホンダは新目標を大きく2つに絞った。一つは「ホンダの二輪・四輪車が関与する交通事故死者ゼロ」であり、もう一つは「全製品、企業活動を通じたカーボンニュートラル」。そして何より素晴らしいのは、その年限を2050年と明確に定めたことだ。

新たにホンダの社長に就任した三部敏宏氏

 2つの目標に向かって、今後のホンダがどうあるべきかについては、進化をリードする会社であり続けるために、「意志を持って動き出そうとしている世界中全ての人を支えるパワーとなる」という哲学を掲げた。長らくホンダが掲げてきた「Power of Dream」の進化形だと捉えることができる。

「ホンダの二輪・四輪車が関与する交通事故死者ゼロ」「全製品、企業活動を通じたカーボンニュートラル」

内燃機関からの完全撤退

 思えばF1の撤退も、オールホンダの経営資源をカーボンニュートラルの実現に重点投入するためと説明しており、自らが「モータースポーツはホンダのDNA」とまで言うホンダが20年10月にF1の撤退を決めたその覚悟からも、ホンダがカーボンフリーに賭ける真剣さが伝わってくる。

       1|2|3|4|5|6|7|8 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -