3分Biz.
ニュース
» 2021年05月19日 18時30分 公開

東急不動産、代官山に住宅・オフィス・商業の複合施設 デザイン設計は隈研吾氏

「暮らす」「働く」「遊ぶ」の異なるシーンがシームレスに融合する“新しいライフスタイル”を提案する。

[神奈川はな,ITmedia]

 東急不動産は5月17日、建築家・隈研吾氏がデザイン設計を手掛ける複合施設「(仮称)代官山町プロジェクト」の新築工事着工を発表した。2023年秋に竣工予定。

東急不動産 代官山町プロジェクト 外観ボリュームイメージ

 賃貸住宅、オフィス、商業施設で構成する複合施設の建築により、「暮らす」「働く」「遊ぶ」の異なるシーンがシームレスに融合する「新しいライフスタイル」を提案する。

 計画の背景にあるのはコロナ禍で広がる新しい生活様式。人々の価値観やライフスタイルが変容しつつあり、働き方や働く場所、消費活動に変化がみられていることから、これからの時代に求められる複合施設は「異なる用途が存在する」ことだけでなく、「各用途が融合し、施設全体で拡張した暮らしの選択肢を提供する」ことが必要だと考えたとのこと。

 代官山駅至近という利便性の高い立地にありながらも、緑豊かな街並みに合わせ、屋内にも屋外にも豊かな緑を取り入れて彩を加えることで、心地よい生活シーンを提供する。

東急不動産 代官山町プロジェク東急不動産 代官山町プロジェクト アプローチイメージ

 敷地面積は約4084平方メートル、延床面積は約2万1875平方メートル。地上10階、地下2階の鉄筋コンクリート造に賃貸住宅・店舗・事務所・駐車場が入る。基本設計は隈研吾建築都市設計事務所、実施設計は竹中工務店・株式会社東急設計コンサルタント共同企業体、施工者は竹中工務店。

『代官山町プロジェクト』は「集中の時代」の大きくて閉じた箱に換わり、様々なプロポーションの小さな木箱を積み上げようと考えた。木箱の多様性は街の自由とサステナビリティを象徴する。木箱と木箱の間には緑が植えられ、木箱のやさしいテクスチャーと緑が響きあって、街の緑につながっていく。その真ん中に空とつながるアトリウムを設けた。そのアトリウムから駅へとつながる路地がのび、木箱は空とつながるだけではなく、街とも結ばれ、木箱の生活は代官山の街の活動の一部となるであろう。われわれのデザインと街のシンボルが響きあって新しい時代の新しい生活が始まるだろう。(「デザイン設計者・隈研吾氏の想い」より一部抜粋)

東急不動産 代官山町プロジェクト フロア構成イメージ
東急不動産 代官山町プロジェクト 場所

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -