金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2021年05月20日 10時33分 公開

楽天証券600万口座到達 投信積み立ては450億円に

楽天証券の口座数が5月19日に600万口座を超えた。業界トップのSBI証券は3月末時点の口座数が683万(うちネオモバイル証券が80万)となっており、肉薄してきた。500万から600万口座へは5カ月で到達しており、増加ベースが加速している。

[斎藤健二,ITmedia]

 楽天証券の口座数が5月19日に600万口座を超えた。業界トップのSBI証券は3月末時点の口座数が683万(うちネオモバイル証券が80万)となっており、肉薄してきた。500万から600万口座へは5カ月で到達しており、増加ベースが加速している。

口座数増加ペースは加速
600万口座を超え、SBI証券を猛追している

 また3月末時点で、投資信託の月間積み立て設定金額が450億円(前年同期比で2.6倍)に達した。利用者は133万人(前年同期比で2.2倍)に増加している。SBI証券の投信積み立て設定金額は3月末で352億円となっており、追い抜いた可能性が高い。

 楽天証券の好調は、楽天ポイントを活用したグループの経済圏が原動力となっている。その結果、業界で長らく課題とされてきた若年層の取り込みに成功した。5年前は30代以下の顧客は、全体の32.5%だった(2016年3月末)が、現在は42.3%まで増加している。

投信積み立ては、利用者も金額も倍増以上となっている
5年間で女性比率は9.5ポイント増加し、若年層が増加。特に20代は7.3%から16.3%に倍増した

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -