金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2021年03月22日 18時51分 公開

SBI証券、600万口座到達 預かり資産残高、株式売買代金ともにネット証券トップ

SBI証券は3月22日、600万口座を達成したと発表した。これは、大手対面証券である野村證券の口座数を上回っている。競合のネット証券である楽天証券が1年未満で100万口座増と急速に口座数を伸ばす中、トップを守った。

[斎藤健二,ITmedia]

 SBI証券は3月22日、600万口座を達成したと発表した。引き続き、大手対面証券である野村證券の口座数を上回った。競合のネット証券である楽天証券が1年未満で100万口座増と急速に口座数を伸ばす中、トップを守った。

 また、口座数だけでなく、預かり資産残高、株式売買代金においてもネット証券トップとなっている。2020年12月末時点で、預かり資産残高は前年同期から22.9%増加して17兆2000億円に、株式売買代金は前年同期(第3四半期累計)から69.6%増えて104兆6842億円と急速に増加した。

対面大手証券会社との口座数推移の比較。業界最大手の野村證券の2月末時点での口座数は533万7000。ただし、公表しているのは残高のある口座数(SBI証券プレスリリース)
主要ネット証券の預かり資産残高推移(2020年12月末)。楽天証券は1月に預かり資産残高10兆円突破を発表している。また、個人の株式売買シェアにおいては、SBIは全体の4割を占める(SBI証券プレスリリース)

 SBI証券は、19年から「ネオ証券化」を掲げ、オンラインでの取引手数料や投資家負担コストの無料化を推し進めてきた。20年10月には、国内株式の手数料無料範囲を1日100万円まで拡大し、信用取引の大口優遇の拡充なども進めている。手数料無料化の動きについては楽天証券が追随しているが、他証券会社は脱落しているところも多い。

 またオンラインの総合証券として、IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)との連携などを進めるとともに、地域金融機関との連携を進め、ホールセール業務の強化にも取り組んでいる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -