ニュース
» 2021年05月24日 16時37分 公開

パナソニック、押し歩きを補助する電動アシスト自転車発表国内初

パナソニック サイクルテックは、押して歩く際にかかる負荷を軽減する電動アシスト自転車「ビビ・L・押し歩き」を発売する。国内初の機能を搭載していて……。

[らいら,ITmedia]

 パナソニック サイクルテック(大阪府柏原市)は、押して歩く際にかかる負荷を軽減する電動アシスト自転車「ビビ・L・押し歩き」を7月6日に発売すると発表した。価格は12万9000円。同社によると、押し歩き機能を搭載した電動アシスト自転車は国内で初めて。年々拡大する電動アシスト自転車市場で、利便性の高さと快適性を打ち出していく。

押し歩き機能搭載の電動アシスト自転車「ビビ・L・押し歩き」(出典:パナソニック サイクルテック)

 これまでは走行時にモーターのアシストがかかる半面、自転車を手押しする際に負荷がかかり、歩道橋や駐輪場のスロープ、坂道などで押し歩くのは大きな負担があった。しかし2019年、改正道路交通法が施行され、電動機の駆動によって押し歩きを補助する自転車も歩行者としてみなされるようになったことで、押し歩き機能の搭載が実現した。

 同商品は、サドル傾斜センサー、モーター内蔵センサー、トルクセンサー、スピードセンサーの4つのセンサーを搭載し、動力を制御。歩行速度や荷物の重さなどに合わせてアシスト力を調整する。また、安全性を考慮し、サドルを傾けて手元スイッチでボタンを押している間のみ、押し歩き機能が作動するよう設計した。

4つのセンサーを搭載し、動力を制御(出典:パナソニック サイクルテック)

 電動アシスト自転車は、近年は子育て世代だけでなく、運転免許を自主返納した高齢者の移動手段としても利用されている。同社は高齢者の使用率が高い軽量モデルの「ビビ・L」に押し歩き機能を搭載することで、高齢者のさらなる顧客獲得を目指す。

乗車時に押し歩き機能は作動しない(出典:パナソニック サイクルテック)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -