コラム
» 2021年05月22日 15時00分 公開

インドの占い師・ラブさんが大人気 HISの「オンライン体験ツアー」舞台裏週末に「へえ」な話(1/4 ページ)

新型コロナの感染拡大を受けて、海外旅行の需要はほぼ消滅した。そんな中で、オンラインツアーに参加している人が増えているという。各社参入している中で、存在感を示しているHISの「オンライン体験ツアー」を取材したところ……。

[土肥義則,ITmedia]

 パタリと止まったまま――。

 海外から日本にやって来る人も、日本から海外に行く人も、動かなくなってしまった。2021年3月のデータを見ると、訪日外国人数は前年同月比93.6%減、日本人出国者数は同89.4%減である。新型コロナウイルスの感染が広がったことで、暗くて長いトンネルから抜け出せないでいるが、出口からようやく明かりが差し込んできたようである。

月別訪日外国人数の推移(出典:JTB総合研究所)
月別日本人出国者数(出典:JTB総合研究所)

 いや、表現が違うかもしれない。真っ暗闇の中で小さな小さな明かりがともって、その数が増えている。そんな感じで、新しい市場が生まれようとしているのだ。その明かりとは「オンラインツアー」のことである。

 「いやいやいや、旅行はやっぱリアルでしょ」と思われたかもしれないが、新たな鉱脈を見つけ出すために、旅行会社を中心に「ウチもウチも」といった具合に、参入が続いているのだ。JTB、近畿日本ツーリスト、阪急交通社、ANAトラベラーズ、日本航空など、多くの会社が手掛けているわけだが、筆者が気になっているサービスがある。HISの「オンライン体験ツアー」だ。

オンラインツアーに参入する会社が多い(出典:ゲッティイメージズ)

 5月21日現在、HISのオンラインツアー体験者は計8万人を超えている。ツアーは1240コース用意していて、「年内には2000コースにしたい」(同社)とのこと。料金は数百円からなんと5万円を超えるものまであるが、多いのは2000〜4000円で60〜90分のコースだ。

 お客からツアーの申し込みが届くと、アクセス方法を記したメールを送る。当日はオンライン会議ツール「Zoom」を使って、現地ガイドが街を歩きながら案内する。観光地などを見て、「はい、おしまい」といった形ではなく、ガイドが映像を配信しつつ解説するので、臨場感のあるコンテンツとなっているのだ。また、チャット機能を使って質問を受け付け、その場で回答しているので、“双方向性”を提供していることも人気の秘けつのようだ。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -