3分Biz.
ニュース
» 2021年05月27日 10時20分 公開

新型ホンダジェット「Elite S」発表 航続距離を最大約222キロ伸長外観デザインは3色

Hondaの航空機事業子会社、米国ホンダ エアクラフト カンパニー(HACI)が、小型ビジネスジェット機ホンダジェットの最新型「HondaJet Elite S(エリートS)」を発表した。

[ITmedia]

 ホンダの航空機事業子会社、米国ホンダ エアクラフト カンパニー(HACI)は5月26日、小型ビジネスジェット機「HondaJet(ホンダジェット)」の最新型「HondaJet Elite S(エリートS)」を発表した。

HondaJet Elite S新カラー3色

 最新型のエリートSは、従来のモデルより運用性能を拡充し、操縦性を向上した。機体の最大離陸重量を200ポンド(約91キロ)増加。より多くの荷物を搭載すること、あるいは燃料搭載量を増やし、航続距離を最大約222キロメートル伸ばすことを可能とした。

 航空電子機器システムもアップグレードした。無線通信をテキストメッセージで行うFAA Data CommとACARS、パイロットの地上操縦時の負荷を軽減するASASシステムを導入。負荷軽減と機体運用の安全性を向上した。

 外観デザインは、「ガンメタル」「ラックスゴールド」「ディープシーブルー」の3色をカラーデザインに追加。エリートSのロゴは、赤の“S”字を追加し、特徴的なスタイルにこだわった。また、エクステリアカラーの選択に応じて色をカスタマイズすることも可能とした。

スペシャルコンセプトデザインのHondaJet Elite S

 HACIの藤野道格社長は 「HondaJet Elite Sへのアップグレードにより、さらなる価値をお客様にお届けします。新しいElite Sがもたらす革新、設計、最先端のエンジニアリングにより、今後もビジネス航空業界において、新たなスタンダードを確立してまいります」とコメントした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -