3分Biz.
ニュース
» 2021年05月18日 15時50分 公開

レクサス、電動車の全世界累計販売台数が200万台を突破 22年には新しいBEV専用車の導入も計画

レクサスは5月18日、電動車の全世界累計販売台数が200万台を突破したと発表した。

[ITmedia]

 LEXUS(レクサス)は5月18日、電動車の全世界累計販売台数が200万台を突破したと発表した。レクサスは2005年に初の電動化「RX400h」を発売。現在では約90の国と地域でHEV(ハイブリッド自動車)、BEV(バッテリーEV)を含む9車種の電動車を販売している。

初代RX

 世界販売における20年の電動車販売比率は約33%、これまでのCO2排出抑制効果は累計で約1900万トン(05〜21年4月末時点)となった。これは一般的な乗用車約30万台のCO2排出を毎年ゼロにしてきたことに相当する。

 05年〜21年4月時点の電動車累計販売実績は、グローバルで約202.1万台。内訳をみると、北米約54.0万台、欧州約48.0万台、日本約40.1万台、中国約38.7万台、東アジア約13.8万台、その他約7.4万台となっている。

 モデル別では、RXが約51.8万台、ES約38.4万台、CT約37.2万台、NX約28.5万台、UX HEV/EV約13.7万台、LS/IS/LC/RCなどが約32.4万台だった。

LEXUS電動車ラインアップ

 レクサスは、19年に電動化ビジョン「Lexus Electrified」を発表。25年までに世界各国や地域のニーズに応じて、BEV、PHEV(プラグインハイブリッド車)、HEVの電動車を含む約20車種の新型や改良モデルを順次投入するとしている。

 25年には全車種に電動車を設定し、電動車の販売比率がガソリンエンジン車の比率を上回ることを目指す。50年には材料製造、部品・車両製造、物流、走行、廃棄、リサイクルの各段階を含めたライフサイクル全体でのカーボンニュートラルを目指したクルマづくりに挑戦する。

 また、電動車のさらなる普及に向け、21年にはレクサス初となるPHEVを量販モデルに導入し、22年には新しいBEV専用車の導入を計画している。

LF-Z Electrified

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -