3分Biz.
ニュース
» 2021年06月10日 15時37分 公開

経験したことのあるアウトドア活動 3位「登山・ハイキング」、2位「キャンプ」、1位は?コロナで需要増(1/2 ページ)

アウトドア活動をする人が増えている。ビジネスチャンスだとして参入する企業も増えている。消費者の実態はどうなっているのか。

[ITmedia]

 アウトドアの需要が拡大したことで、アルペンの業績が好調だ。また、ビックカメラが2020年10月に同社初となるアウトドア専門店「ビックアウトドア 立川店」をビックカメラ立川店(東京都立川市)にオープンするなど、新規参入の動きも活発になっている。では、消費者はどのようにアウトドア活動をしているのだろうか。

アウトドア活動が人気

 消費財流通に関する情報を提供するプラネットは6月10日、アウトドア活動とキャンプに関する意識調査の結果を発表した。調査期間は4月24〜28日で、インターネット上で実施。4000人から回答を得た。

 これまでに経験したアウトドア活動を尋ねたところ、「バーベキュー」(57.0%)が最も多く、「キャンプ」(48.6%)、「登山・ハイキング」(47.2%)と続いた。

経験したことあるアウトドア活動は?(出所:リリース)

 アウトドア活動を始めたきっかけを聞くと、1位は「自然を感じたいため」(42.9%)、2位は「気分転換のため」(34.8%)、3位は「友人に誘われたため」(26.4%)だった。コロナ禍で外出する機会が減ったり、人が集まる場所に出かけにくいと感じている人が増えたりしていることも影響しているかもしれない。

アウトドア活動を始めた理由は?(出所:リリース)

 「あなたのアウトドア歴(1年に1度以上、継続的にアウトドア活動を楽しんでいる年数)を教えてください」という質問に対しては、「継続的にはアウトドアを楽しんでいない」(64.3%)が最も多かった。一方、2番目に多い回答が「20年以上」(15.7%)だったことから、「数は少なくても、長く続ける傾向があるようだ」と同社は分析する。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -