3分Biz.
ニュース
» 2021年06月18日 09時30分 公開

井村屋、「あずきバー」をマレーシアで発売 ASEAN市場の開拓目指すIMURAYA AZUKI BAR

井村屋グループが主力製品の「あずきバー」を9月にもマレーシアで発売すると発表した。

[ITmedia]

 井村屋グループは6月17日、主力製品の「あずきバー」を9月にマレーシアで発売すると発表した。2019年に現地法人のIMURAYA MALAYSIA SDN. BHD. を設立。ハラール認証を取得した原材料を使用するなど現地に合わせた商品開発を行い、新たな市場開拓を進める。

あずきバーがマレーシアに(出所:公式Webサイト)

 商品名は「IMURAYA AZUKI BAR」。小豆、抹茶、ミルクの3種類を展開する。あずきバーシリーズの特長を生かしつつ、マレーシア向けに完全ローカライズした。人口の約60%を占めるムスリムの人に向け、イスラム教の戒律に沿ったことを示す「ハラール認証」を取得した原材料を使用し、甘さや食感なども現地のし好に合わせた。

マレーシア向けの「IMURAYA AZUKI BAR」

 井村屋グループの21年3月期連結決算は、売上高が0.4%減の421億5200万円、営業利益109.5%増の7億5300万円、純利益377.5%増の6億5700万円だった。コロナ禍の市場変化の影響で、点心・デリカや外食産業のスイーツカテゴリーの売り上げが減少。一方で、「あずきバー」シリーズは好調に推移し、売上本数は前期比116%の2億9200万本を記録。過去最高となった。

 同社はマレーシアでの発売について「ASEAN市場のゲートウェイとして最適と考えられる」と説明。21年度からの中期経営計画では、海外事業戦略の推進を掲げ、海外事業の売上高比率を23年度に7.5%へ引き上げる方針を示している。マレーシアを起点にASEAN市場の開拓を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -