3分Biz.
ニュース
» 2021年06月29日 17時02分 公開

空気清浄機を購入する目的 「ほこり対策」や「脱臭」を抑えて1位になったのは?マイボイスコムが調査

空気清浄機はどのように利用されているのか。マイボイスコムが調査を行った。購入した目的・理由の1位になったのは……。

[ITmedia]

 空気清浄機を購入した目的・理由の1位は「花粉対策」(52.9%)――そんな結果がリサーチ会社マイボイスコム(東京都千代田区)が実施した「空気清浄機の利用」に関する調査で分かった。

空気清浄機の利用動向は?(画像はイメージ)

 2位は「ほこり対策」(43.0%)、3位は「においの除去(脱臭)」(32.0%)、4位は「ウイルス対策」(31.0%)、5位は「アレルギー対策」(21.9%)という結果に。花粉対策目的で購入する利用者は関東で多く、北海道、北陸、九州で少ない傾向が見られた。

空気清浄機を購入した理由・目的(出所:リリース)

 空気清浄機の利用台数は、最多が「1台」(29.3%)で、「2台」(9.4%)、「3台以上」(4.0%)と続く。「利用していない」は57.2%で、3年前に実施した調査と比べて6.1ポイント減少した。

空気清浄機の利用台数(出所:リリース)

 主に利用している空気清浄機のメーカーは、「シャープ」が42.1%で、「パナソニック」と「ダイキン工業」がそれぞれ10%台だった。

 空気清浄機を選ぶ際に重視する点は、「価格」「メーカー・ブランド」「手入れのしやすさ」がそれぞれ50%台だった。「除菌機能」は41.2%で、「大きさ」「集じん機能」「運転音・動作音の静かさ」をやや上回った。「デザイン・色」「大きさ」「省エネ」「手入れのしやすさ」は、女性が男性を10ポイント以上上回った。

 空気洗浄機の不満点や利用しない理由として、回答者からは「本当にきれいになっているかどうかが分かりにくい」(26歳男性)や「コストがかかりすぎるので部屋の換気で十分」(48歳男性)といった声が寄せられた。

 今回の調査は6月1〜5日にインターネット上で実施し、1万144人の回答を得た。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -