3分Biz.
ニュース
» 2021年07月07日 18時55分 公開

トヨタ、「アルファード」「ヴェルファイア」約5万台再リコール新たな原因が判明

トヨタ自動車は7月7日、「アルファード」「ヴェルファイア」の2車種、計5万983台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

[ITmedia]

 トヨタ自動車は7月7日、原動機(アイドリングストップシステム)に不具合があるとして、「アルファード」「ヴェルファイア」の2車種、計5万983台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

不具合発生個所(出典:国土交通省

 国土交通省によると、対象車の製造期間は2017年12月13日〜21年6月11日。アイドリングストップ搭載車で、制御プログラムが不適切かつバッテリーの断熱が不十分なため、バッテリー温度が高い状態で使用を繰り返すと、劣化抑制の再生充電が不足し、バッテリーが異常劣化することがある。そのため、アイドリングストップ後、再始動できなくなる恐れがあるという。

対象車種(出典:国土交通省

 今後は全車両のエンジン制御用コンピュータ、アイドリングストップコンピュータのプログラムを対策仕様に修正する。また、一部車両では、バッテリー断熱カバーを対策品に交換する。その他、バッテリーの劣化状態を点検し、異常がある場合は新品に交換する。

 この不具合について同社は19年10月30日付でリコールを届け出ているが新たに原因が判明。改善措置の内容が不十分だったため対象を拡大し、再度届け出た。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -